保育事業開園支援事業

保育事業開園支援事業

開園までサポート 

1.事前相談

●どのような事業形態(小規模認可事業or企業主導型等)が良いのか?

●開園資金はどのくらい必要か?

●運営収支はどのようになるのか?

●開園支援とはどこまでしてくれるのか? など、お客様の疑問にお答えいたします。

2.会社設立について 

保育園を個人・法人どちらで経営をしていくかにもよりますが、もし法人にて行っていく場合は登記などのお手伝いもさせていただきます。 

3.各自治体の認可を受けるために

各自治体では毎年、小規模保育事業などの整備地域を指定しています。どの地域で開業したいかも重要ですが、補助金を受けて開園をするためには基本的にこの地域に入っていなければなりません。 

4.保育園を行うための物件選定 

各自治体では認可基準はございますが、一戸建てやマンション、アパートでも開園はできるようになっております。

ただ、保育園の用途として使用するとなると、物件所有者によっては断られるケースも少なくありません。

開園で一番大変なのがこの建物探しです。弊社では提携した不動産会社と連携し、物件のご紹介を納得いくまでさせていただきます。 

5.設計会社(設計士)

建物が決まったら、次は設計です。ご自分の園ですからイメージ通りに作りたいものです。しかし、自治体によってはレイアウトについて細かな指示や規制があります。したがって、各自治体で保育園の設計経験がある設計会社、設計士である事を推奨致します。弊社では、そういった設計士と連携し、運営者様にご紹介できます。

6.施設長(園長)の募集 

開園候補地が決まった段階で保育責任者(園長)の募集をかけていく必要があります。通常ですと、有料広告などを使いますが、採用できるまで掲載を続けなければならなかったり、採用できても、開園までグリップできなかったりなどといったケースが見受けられます。

採択後、保育士の募集も行う必要がございます。弊社は派遣・紹介事業も行っておりますので、この最も難しいとされている「募集の仕方、面接の仕方、採用後のフォロー」もワンストップでご提供できます。 

7.公募申し込み

開園候補地、基本設計が決まると、自治体の公募に対して申し込み手続きを行います。多くの自治体の場合、申請書類は決められていて、まずはその通りに申請書類を作成いたします。次の関門として、その申請の中身が適正かどうか、また運営者は適任かどうかを「プレゼンテーション」しなければなりません(一部自治体は除く)

ここをクリアしなければ、意思はあっても保育園の開設には至りません。弊社では、申請書類の作成はもちろん、プレゼンテーションのアドバイスなどもさせていただきます。 

8.設計審査、入札 

無事に採択(公募に合格)が決まったら、実施設計審査に向けて、設計士と打ち合わせを行い、間取り、設備など詳細を決めます。

実施設計審査合格後に、一般競争入札を行います。(一部自治体は除く)

弊社では間取り、設備などのアドバイス、建築会社のご紹介もさせて頂きます。 

9.建物の工事 

入札により、建築会社が決定するといよいよ建物の改修工事に着手致します。 

10.保育備品選定 

建物の工事と並行して、開園の準備も着手しなければなりません。備品は専用仕様のものがあり値段も会社によって全然違います。

またこの備品購入につきましても一部自治体には「購入補助金」があります。

弊社では、備品購入アドバイスから購入補助金の申請まで、すべてお手伝いさせていただきます。 

11.開園前準備 

開業後すぐに入園式などを経て、実際の保育が始まります。保育室の飾りつけはどうか?保育士たちの役割分担は適切か?など開園するまでには見落としがちな点が次から次へと出てきます。

弊社では、事前準備におけるミーティングなどにも携わらせていただき、万全の準備で開園を迎えることが出来るようサポートいたします。 

12.連携施設、嘱託医を探す 

自治体からの認可を受けるための要件の一つに、「連携施設(連携して頂ける近隣保育所)、嘱託医(定期健康診断を行ってくれる医療機関)」があります。

弊社では、そのような機関へのお願いの仕方、連携の組み方に関しましてもアドバイスさせていただきます。

13.入園希望者への説明、利用契約 

運営者様の園には自治体を通じて入園希望者が集まってきます。入園希望者の中には、他の複数の園を見て回っている方もいらっしゃることでしょう。

まずはそういった方たちに対して、「入園説明会」を運営者様が当該保育所にて行っていただきます。そして、利用者様(園児の保護者)と利用契約を結んでいただく運びとなるわけです。

弊社では説明会の運営のアドバイス、利用契約に関するアドバイスをさせていただきます。 

14.開園 

さあ、いよいよ開園です。どんなにベテランの保育士さんがいらっしゃっても、はじめては緊張するもの。その最初の「良い緊張感」の持続こそが、園での事故を防ぐことにつながり、良い保育につながって行くのだと確信します。

 弊社では、運営者様のご希望に応じて、「その後の保育運営」お手伝いさせていただきます。


最後に

保育所とは、就労などにより、保育することができないと認められる親族の方になりかわり、大事なお子様をお預かりする施設です。そういった意味でどうしても、養護の観点が強いことは否めません。

私が開園をお手伝いした園さんにいつも申し上げているのは、「保育所とは共育機関だ」ということです。学校のような教育機関ではない、親御さんと「共」に「育」てる期間。とかく、昨今は「保育園に保育は任せてあるんだ」という親御さんの声や「要望される時間だけ預かっていればよい」という保育園側の声も聞こえてきます。

そんな親御さん側、保育園側に、弊社も加えさせていただき、「共」に、日本の未来を担う、大事なお子様たちを「育」てていこうではありませんか。

※アドバイス・サポートに関しましては、成功(開園)報酬型ではありますが、開園支援料が発生します。又、当社独自の返金制度もご用意しております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。



For more information:     Toll-Free No. : 0120-314-081     Call us: 03-5846-8757     mail@japanrecruitment.co.jp